Off

ロックバンドを始めよう!どの楽器を選ぶ?

by admin on 2015年6月18日

バンドの花形、ギター

最近は楽器屋でも安く手に入れることができ、一番馴染みやすい楽器です。一見とても簡単に弾けるように見えますが、実はそう簡単には綺麗な音は出せないのです。ギターを弾くにあたって一番大変なことは、コードを覚えないといけない事でしょう。中には押さえるのが難しいコードもあり、そこで挫折する人もしばしばあります。しかし、それを乗り越えてギターが弾けるようになったらクラスの人気者間違いなしでう!ステージの前方でカッコよく弾きこなし、黄色い声援を浴びちゃいましょう!

バンドの影武者、ベース

ドラムと共にリズムを操りながら音階も操る、バンドの影武者とも言える存在です。ベースの弦は4本で、ギターとは違って単音を弾くことがほとんどで、さらに音も目立たないので一番始めやすい楽器と言えるでしょう。しかし、ベースはリズムと音階を同時に操らなくてはなりません。いくら音が目立たないと言っても、ミスをすると非常に目立ちます。ドラムと共にリムズを操り、影でメロディーの基盤となるベースラインを演奏し、魅力のあるベーシストになりましょう。

縁の下の力持ち、ドラム

バンドを指揮し、演奏の土台となるのがドラムです。音階の知識も必要ありませんし、太鼓やシンバルをスティックで叩くだけで誰にでも簡単に音が出せる楽器です。ドラムのプレイスタイルは人によって様々ですが、一番大柄で存在感のある楽器を叩く姿は誰が見てもかっこいいものです。そんなドラムですが、バンドの演奏を指揮するという、重要で責任感のある役割を担っています。みんなの演奏をまとめられるような、包容力のあるドラマーを目指しましょう。

サックスは、初心者向けの物なら比較的安価で手に入りやすく、教えてくれる教室も多くあるので、マスターしやすい楽器です。

Comments are closed.