Off

キラキラ?昭和?親なら悩む子供の名付けポイント

by admin on 2015年5月25日

最近流行りの「キラキラネーム」って?

最近テレビのニュースなどでよく耳にする「キラキラネーム」。「悪魔くん」や「天使ちゃん」「黄熊くん」など、一読では読みにくい名前が挙げられることが多いですね。そもそもどういったものがキラキラになるのでしょうか。キラキラネームが流行しだしたのは、2000年に入ってからです。名前を書いた相手を死に至らせる「デスノート」というマンガが流行し、ぱっと見で読みにくい名前を付けよう、ということが始まりだと言われています。

気になる子供の意見は?

「キラキラネームを付けられていじめを受けている」「自分の名前が古臭くてイヤ」最近の子供の多くが、名前に対してのコンプレックスを抱いています。読みづらいキラキラネームやその増加にともなっての渋い名前の悪目立ち様々な理由で自分の名前が気に入らないという子は多いのです。そんな現状、いざ自分の子供に名前を付けるとなると、将来のこと、呼びたい名前、使いたい漢字考えることがたくさんありすぎて難しいですね。

親も子も後悔しない名前を

キラキラネーム、昭和を感じさせる名前それでは、どういった名前ならいいのでしょう?答えは一つ。夫婦でよく相談することです。本当にこの名前を付けられてこの子は困らないか、この名前を付けた私たちは後悔しないのか、夫婦の間でたくさん話し、考えてください。名前は、親が子供に一番最初の贈り物でその後の一生を決める大切なものです。大人になって「この名前でよかった」と思ってもらえるように、後悔しない名前をつけてあげてくださいね。

姓名判断とは、苗字や名前の読み方や漢字の画数の組み合わせによって、その人の運勢や適業などを判断しようとすることです。

Comments are closed.